ブリアン歯磨き粉の成分

ブリアン歯磨き粉の成分は安全? 副作用はあるの?? 成分を知って家族で歯磨き!!

ブリアン歯磨き粉。子供の虫歯予防対策として、子育て中のご家庭から注目されています。ブリアン歯磨き粉の成分、やはり気になりますよね。

 

分かってはいるけれど泣かれると歯磨きの時間も短縮気味。戦略的な時短についつい負けてしまいます。今日はダメだけど、明日はしっかりと磨きます! なんて決意をしても子供は関係なし。

 

せっかくお気に入りのキャラクターの歯ブラシにしたのに、喜ぶのは買ったその時だけ。そろそろ本気出して磨いてくれないかな…

 

虫歯はまず予防と言われても現実は難しい。そんな時に思い出してください。成分を知ってブリアン歯磨き粉の効果を引き寄せましょう。大人も乗っかっちゃう? 合言葉は家族みんなで虫歯予防!!

 


→→→繰り返しできる、子供の虫歯をなんとかしたい!

ブリアン歯磨き粉♪成分は安全なの?

ブリアン歯磨き粉の成分。子供が口にするもの、特に0歳児が口にするものはナニが含まれているかを確認しないと心配です。ブリアン歯磨き粉の成分をまず確認です。

 

ブリアン歯磨き粉の成分はたった5つだけ
公式サイトにある成分の順番で載せました。
1.デキストリン
2.フルクトオリゴ糖
3.エリスリトール
4.乳酸菌
5香料

 

 

 

例えば「無添加」をうたっている子供用の歯磨き粉も合成着色料・研磨剤・洗浄成分などが入っていないだけ。成分を見るとジェルにするための粘結剤や製品の品質保持剤が含まれています。

 

ブリアン歯磨き粉は粉です。ジェルにするための添加物は使っていません。

 

チューブタイプは、泡が残って仕上げ磨きの確認がしづらいというお悩みもありますね。

 

濡らした歯ブラシに付けて磨く粉タイプは、泡が出ないのも長所です。最終チェックがしっかりできるのも虫歯予防対策の1つですね。

 

添加物が少なくて成分は5つしか使っていませんが、気になるのが副作用。こちらも調べてみました。

ブリアン歯磨き粉♪副作用の報告はあるの?

ブリアン歯磨き粉の副作用の報告結果を発表する前に、成分を順番に見ていきたいと思います。成分を知れば副作用への疑問解決の糸口にもなるはず。まずは「1.デキストリン」から。

 

デキストリンとは?
じゃがいもやとうもろこしを使って作られたデンプンをより細かくしたものをデキストリンと呼びます。粉状のものを溶けやすくする働きがあります。離乳食にも使われていますね。

 

食品のデンプンとして扱うので添加物ではありません。

 

トクホなどで目にする「難消化性デキストリン」は全く別のモノです。こちらはデンプンから作られた食物繊維。摂りすぎると下痢などを起こす可能性があります。

 

でも成分として使われているデキストリンは、デンプンなので消化されやすいのが特徴。デキストリンには副作用が出る心配はありません。

フルクトオリゴ糖やエリスリトールの副作用は?

「2.フルクトオリゴ糖」「3.エリスリトール」は甘味剤です。でも単なる味を付けるためだけの成分ではありません。虫歯予防への効果を考慮した甘味を使っています。

 

フルクトオリゴ糖とは?
善玉菌のエサになるので腸内環境を整備する働きがあります。もう1つのメリットは「虫歯ができにくい」があります。

 

 

 

虫歯菌の1つミュータンス菌は、砂糖やショ糖が大好き。口に入ってきた糖分をエサにしてミュータンス菌は増えていきます。これが虫歯の原因。

 

でもフルクトオリゴ糖はミュータンス菌のエサになる成分をほぼ作らない甘味料として認められています。虫歯予防の成分でもあるのですね。

 

エリスリトールとは?
ブドウ糖を発酵させて作られた甘味料です。通常の砂糖と比較すると7割ぐらいの甘味しかありません。甘さ控えめです。

 

この甘味料もミュータンス菌のエサになる成分をほぼ作らない特長をもっています。歯磨き粉に使われることが多い甘味料です。

 

注意点として1度に多量に口にするとお腹がゆるくなるがあります。ブリアン歯磨き粉を使う時は、規定の量であれば心配は要らないようです。

 

心配であれば通常の分量より少なめで使用してくださいと、メーカー側は教えてくれました。

 

このエリスリトールで下痢症状などの副作用が出たという口コミはありませんでした。ブリアン歯磨き粉副作用、ここまではほぼ心配無いようですね。

 


→→→ブリアンで虫歯用するならコチラ♪

ブリアン歯磨き粉の主役になる菌は?

「4.乳酸菌」に移りましょう。ブリアン歯磨き粉の中核となる成分です。

 

乳酸菌とは?
ニュージーランドの微生物学者の研究結果で発見された乳酸菌が「ブリス菌」です。

 

子供たちの歯を調べると、虫歯になりにくい子供たちがいるということが分かりました。全体の約20%の子供が虫歯になりにくいのですが、口内に共通する菌を持っていることを発見。

 

これが乳酸菌の「ブリス菌」です。ブリス菌を配合した歯磨き粉で歯を磨くと歯垢や汚れが分解されます。虫歯のエサとなるミュータンス菌を減らすことにつながりますね。

 

 

 

ブリアン歯磨き粉にはブラッシュアップした「ブリスM18」を採用。ブリス菌をミクロン単位まで細かくしました。口の奥や歯と歯の間に入り込む大きさでより一層効果が期待できます。

 

ブリス菌は発見されたニュージーランドから冷凍で運ばれます。その後は日本国内の工場で製造。工場は安全で清潔な工場に与えられるGMP認証を受けています。

 

ブリアン歯磨き粉の主役でもある乳酸菌。製品として手元に届くまでには様々な所で、細心の注意が払われています。こちらも副作用の報告はありません。

 

子供たちの虫歯予防ができる歯磨き粉として安心して使えます。この後は成分の香料の解説と味についてのお話です。

ブリアン歯磨き粉♪美味? 苦手? いちごだけ??

「5.香料」これはブリアン歯磨き粉唯一の添加物です。

 

香料とは?
香料は子供に人気のいちご風味が使われています。ミントが苦手な子供多いですよね。スースーしないので安心してください。

 

でも甘味が苦手な子もいますよね。「まずい」と言われてブリアン歯磨き粉を諦めたという例もあります。子供は正直ですから、いくら良いモノでも我慢して使うということはありません。

 

こればかりは個人差もあるので試してみないと分かりません。味が気に入って歯磨きタイムが楽しくなったという報告もあります。

 

ブリアン歯磨き粉は公式サイトでは「いちご味」のみが販売されています。正規品は公式サイトのみで購入できます。

 

アマゾンには出店をしていないそうです。アマゾンにはぶどう味が載っていますが、こちらの商品はいちご味も含めて正規品ではないので、購入はおススメしません。

 

 

 

香料そのものには副作用の心配は要りません。ただ公式サイト以外で販売されている製品は、保存状態などの影響で効果の低下の心配があります。

 

虫歯予防の効果を確実に得たい時は公式サイトから購入してくださいね。

ブリアン歯磨き粉♪大人にも効果あるの?

いちご味で子供用ですがブリアン歯磨き粉は大人にも効果があります。添加物が少ないところもおすすめポイントです。

 

大人用歯磨き粉の成分の中でも、研磨剤・清掃剤・発泡剤は注意が必要と言われています。

 

発泡剤で泡が出るとそれだけで磨いた気分になってしまうので、汚れが落ちてしまう前に、ブラッシングを止めてしまうリスクがあります。

 

発泡剤・研磨剤不使用の歯磨き粉もありますが、チューブ入りの場合は防腐剤が成分に使われていることが多いですね。

 

実は大人用ブリアン歯磨き粉販売されています。商品名は「ペリオン」。研磨剤・発泡剤を含まないプラス虫歯予防に効果がある歯磨き粉を大人も探していましたよね。

 

大人用には「ブリスM18」だけではなく口臭予防の「ブリスK12」も含まれています。大人用はミント味、使い方は子供用と同じです。歯磨き粉を使って磨くことで虫歯と口臭が予防できます。

 

60包入り1箱・定価10119円(税込み)、ですが定期コースを申し込めばお得な値段で購入できます。

 

初回1箱:3980円(税込み)
2回め1箱:4800円(税込み)
配送手数料等:1120円
合計9900円で購入することができます。2ヶ月以上使わないと効果が実感できないので2ヶ月分以上の購入が条件。これも子供用と同じです。

 

定期コースを続けると3回目以降はずっと4400円(税込み)で購入できます。大人用にも60日間返金保証があります。万が一の時はこちらで返品が可能です。

 

コースを申し込むと1包約82円、継続すれば1包73円。決して安くはありませんが、支障が出てしまった口内環境を改善したい大人から注目されています。

 

健康な歯は美味しく食べるための必須アイテム。家族そろってブリス菌で虫歯予防を計画してみませんか。笑顔が増えるのは間違いありません。

 

→→→虫歯予防は公式サイトから♪